24歳の感性が描く音の写真集【パット・メセニー・グループ】

Pocket

大好きな一枚です。
パット・メセニー、24歳の感性が生み出した音による写真集、私はそう思います。
(現代とは違う意味で)作り込まれています。
しっかりと、自分の世界を紡ぎだしています。
自分が20代の時に聴いた感じと、今50を前にした自分が聴いた感じ、
変わらない感覚もあります。
でも今聴くと、嫉妬します。
才能とかではなく、その若さから来る感性に嫉妬します。
今の10代、20代の君たちの中にも
この30年以上前の作品が、リアルに聞こえる人がいるかも知れない。
1978年はディスコ・サウンドが街を覆っていた時代。
この一枚はそんな時代に生まれた作品です。
_______________________________________________________
ジャンルにも依るでしょうが、音楽って放っておくとテクニック至上主義、スペック至上主義に陥りがちです。
だってまるで100m走のタイムみたいに、誰にでもジャッジし易いですからね。
音楽の楽しみ方は、人それぞれ。
感じる場所も人それぞれ。
他の人に引きずられないで、好きと言える気持ちを持ち続けていたい。
それがとても難しい事だと分かっていますけどね(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。