今日はレスポールのような、ハムバッカーを2基搭載したギターのピックアップ調整について書いてみたいと思います。

11994389_819675268153636_1612909032_n

 大事なのは「トーンのバランス」と「ゲイン感」

 

判断の軸を「トーンのバランス」と「ゲイン感」に据えて作業を進めます。

 

まずはモニター環境を整えます。

作業は必ずクリーントーンで行ないます。

 

アンプの設定では以下の点に注意します

・マスターが低い状態では行なわない
・低音がスカスカにならないように音量を上げる
・コーン紙が動いていないような設定にしない

 

以上のバランスが捉えにくい場合は、軽くクランチした所からゲインやマスターを下げて行きます。

 

初めはJC-120で練習してみましょう。
慣れてくればピグノーズのような小型アンプでも出来るようになります。
まずは大きめのアンプから始めてみて下さい。

 

 

フロントピックアップの調整

・楽器のボリューム、トーンの設定は4つとも全開にします。

・ポールピースを気持ち低めに均等な感じに揃えます。

・高い弦から、繰り返し開放弦を鳴らしながら作業します。

・全体の高さを上下しながらバランスを取ります。

  上げ過ぎると高音が潰れます。下げ過ぎると音がスカスカ、遠い感じになり、張りや艶がなくなります。

一度このNGな状態にセッティングして、体感してみるのもいいでしょう。

全体のバランスが取れたら、各ポールピースの音量を調整します。

まずは3,4弦のポールピースを上げて行きます。

コードを弾きながら、また開放弦をバラバラに鳴らしながら出来るだけ上げて行きます。

そこを基準に他弦のポールピースを調整して、音量バランスを整えます。
リアピックアップの調整

・各ポールピースは頭が少し出ている感じで均等に揃えます。

・フロントと同じように、高い弦から、繰り返し開放弦を鳴らしながら作業します。

・全体の高さを上下しながらバランスを取ります。

・ピックアップセレクターを切り替えながら、フロントピックアップと音量やゲイン感が揃うように調整します。

・全体のバランスが取れたら、各ポールピースの音量を調整します。

・1~3弦の音を、痛かったり、鼻をつまんだような感じにならないようにポールピースで調整します。

・4~6弦の音を、ブヨブヨにならないようにポールピースで調整します。

 

 

最後にセンターで鳴らします。

また実際に演奏してみて楽器本体のボリュームやトーンの追従性を確認します。

 

ここで違和感がなければ終了です。

 

JC-120の場合、内蔵コーラスなどの掛かりが綺麗になってビックリします!

 

歪み系ペダルのコード感が改善され、音を立体的に感じるでしょう。

p1000813


以上、私のセッティング方法をご紹介致しました。

 

ただ、この方法は一例に過ぎません。

他にもたくさん、別の方法があるでしょう。

 

大事なのは方法論ではなく、

「トーンのバランス」と「ゲイン感」

です。

 

そこをきちんと整えれば、もっと演奏が自由になります。
もっとお知りになりたい方は、出張楽器整体の際にご用命くださいませ!
それでは、今日も皆さんの音楽が楽しくなりますように!

 


LINEからも質問できます!お気軽にお問合せ下さい☆

友だち追加

@dko2531d

☆メンテナンス&セットアップで弾き易くなります☆ 
%e6%a5%bd%e5%99%a8%e6%95%b4%e4%bd%93%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc
 お気軽にお電話下さい。

makotoayukawa-2015

私が開発したヌードケーブルに、鮎川誠様はじめ多くのアーティストの方々からメッセージを頂きました。

アマゾンロゴ
nude新ロゴだけ

/div>

https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/09/11994389_819675268153636_1612909032_n.jpg?fit=309%2C309https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/09/11994389_819675268153636_1612909032_n.jpg?resize=150%2C150yoshinori-ikedaギター ,ベースメンテナンス楽器整体・セットアップgibson,LesPaul,ハムバッカー,ピックアップ,ポールピース,レスポール,調整,高さ今日はレスポールのような、ハムバッカーを2基搭載したギターのピックアップ調整について書いてみたいと思います。  大事なのは「トーンのバランス」と「ゲイン感」   判断の軸を「トーンのバランス」と「ゲイン感」に据えて作業を進めます。   まずはモニター環境を整えます。 作業は必ずクリーントーンで行ないます。   アンプの設定では以下の点に注意します ・マスターが低い状態では行なわない ・低音がスカスカにならないように音量を上げる ・コーン紙が動いていないような設定にしない   以上のバランスが捉えにくい場合は、軽くクランチした所からゲインやマスターを下げて行きます。   初めはJC-120で練習してみましょう。 慣れてくればピグノーズのような小型アンプでも出来るようになります。 まずは大きめのアンプから始めてみて下さい。     フロントピックアップの調整 ・楽器のボリューム、トーンの設定は4つとも全開にします。 ・ポールピースを気持ち低めに均等な感じに揃えます。 ・高い弦から、繰り返し開放弦を鳴らしながら作業します。 ・全体の高さを上下しながらバランスを取ります。   上げ過ぎると高音が潰れます。下げ過ぎると音がスカスカ、遠い感じになり、張りや艶がなくなります。 一度このNGな状態にセッティングして、体感してみるのもいいでしょう。 全体のバランスが取れたら、各ポールピースの音量を調整します。 まずは3,4弦のポールピースを上げて行きます。 コードを弾きながら、また開放弦をバラバラに鳴らしながら出来るだけ上げて行きます。 そこを基準に他弦のポールピースを調整して、音量バランスを整えます。 リアピックアップの調整 ・各ポールピースは頭が少し出ている感じで均等に揃えます。 ・フロントと同じように、高い弦から、繰り返し開放弦を鳴らしながら作業します。 ・全体の高さを上下しながらバランスを取ります。 ・ピックアップセレクターを切り替えながら、フロントピックアップと音量やゲイン感が揃うように調整します。 ・全体のバランスが取れたら、各ポールピースの音量を調整します。 ・1~3弦の音を、痛かったり、鼻をつまんだような感じにならないようにポールピースで調整します。 ・4~6弦の音を、ブヨブヨにならないようにポールピースで調整します。     最後にセンターで鳴らします。 また実際に演奏してみて楽器本体のボリュームやトーンの追従性を確認します。   ここで違和感がなければ終了です。   JC-120の場合、内蔵コーラスなどの掛かりが綺麗になってビックリします!   歪み系ペダルのコード感が改善され、音を立体的に感じるでしょう。 以上、私のセッティング方法をご紹介致しました。   ただ、この方法は一例に過ぎません。 他にもたくさん、別の方法があるでしょう。   大事なのは方法論ではなく、 「トーンのバランス」と「ゲイン感」 です。   そこをきちんと整えれば、もっと演奏が自由になります。 もっとお知りになりたい方は、出張楽器整体の際にご用命くださいませ! それでは、今日も皆さんの音楽が楽しくなりますように!   LINEからも質問できます!お気軽にお問合せ下さい☆ @dko2531d ☆メンテナンス&セットアップで弾き易くなります☆   お気軽にお電話下さい。 tel:080-3095-6955 私が開発したヌードケーブルに、鮎川誠様はじめ多くのアーティストの方々からメッセージを頂きました。 /div>NUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!