Pocket

 楽器が持つ個体差の影響を埋め、その楽器のサウンドを最大限に引き出す調整法。それが楽器整体です。既存の調整法に新たなエッセンスを加えることで、安価な楽器も高価な楽器も元気を取り戻す。10年間のロードテストを経て、このメソッドを皆さまに公開します。通常のセットアップだけでは引き出せない楽器の個性を最大限に強化することができれば、楽器のオーナーは思わず笑顔になるでしょう。

 

・楽器整体とは?
・楽器整体の実績
・専門家の皆さまに向けて
・講義内容

○楽器整体とは?


楽器の調整には、幾つかのセオリーがあります。まずは正しく組み付けることが基本です。楽器の性能が健全に機能するように、各部品を取り付けます。次に、ネックの曲がりの修正、オクターブ調整、回路の点検、各部品の締め付けの程度などを整えます。こうして、楽器は健全な状態になり、正しく作動することができます。
しかし、楽器は個体によりサウンドの特性も様々です。それは、個体が持つ木材の状態、使用状況や頻度、弾き方、保管の仕方などによっても変わってきます。私どもが行う「楽器整体」では、個体の状態に合わせて施術します。その個体の状態や、オーナーに合わせて楽器は変化します。こうした個別のケースに対して楽器のポテンシャルを最大限に引き出すのが、この楽器整体です。言うなれば、楽器が持つ個体の弱点を見つけて、サウンドの劣化の原因に直接アプローチする原因療法と言っても過言ではありません。

 

○楽器整体の実績




過去10年に渡り、私どもは通算2,000本を超える楽器の調整をさせていただきました。安価のギターから超がつくほど高級な楽器、ギターのみならず、三味線、バイオリン、ドラムなど、ジャンルを超えた楽器の「鳴り」を強化することに成功してきました。

一体、楽器整体とは何を行う技術なのか。この点がよく判らないという方も多いのではないでしょうか。
具体的には、材に一定の振動を与えるとこで、その鳴り方を変えるというものです。例えば、ミッドレンジの飽和から来る音抜けの悪化、ローの廻りによる音被り、不明瞭な楽器の鳴りによるチューニングの詰めの甘さなどを解決させる為の技術です。

古くは、バイオリンの調整法としての原型があり、私たちがこの原型をギターやベースに応用したのがきっかけです。その後、さらにトライ&エラーを繰り返し積み重ね、この楽器整体のメソッドに辿り着きました。
以後、著名なミュージシャンの方々のご協力を経て、レコーディングやライブの現場にて実験を積み重ねてきました。現在では、とても有効な効果をもたらすと、認めてもらえるまでに育ちました。

 

○専門家の皆さまに向けて

そして、この度、この楽器整体の技術を多くの専門家に向けてお伝えしたく、小規模ながらセミナーを開催するに至りました。セミナーはワークショップ形式で行います。まず実際に楽器整体の効果を体験して頂きます。その上で理論を解説、そして皆様に実践して頂き、後日みなさま自身で実践しながら覚えて頂くという流れを予定しております。

プロのローディー、サウンドテクニシャンなど、ステージ楽器廻りの方、ギター、ベースのビルダーやリペアマンの方、楽器小売店でセットアップ業務をされている方など、日常的に楽器の調整をされている方々には、きっとお役に立てる技術だと思います。

当日、主賓を務める私からのメッセージがございますので、ご覧ください。

この楽器整体の技法は、見様見まねで行うと、失敗してしまうとの声をいただいています。楽器整体には、ある程度の系統的な手順、見るべき点などのコツがあります。今回のワークショップ形式のセミナーでは、実機を用いて体験してもらい、その技術を掴んでもらうのが目的です。また、当日は、質疑応答も行いますので、ご納得するまで質問をぶつけてください。
もし、あなたが「既存の調整法に限界を感じる」や、「もっと楽器の持つ弱点を根本から変えたい」とお感じなら、私どもが微力ながらお役に立てるかもしれません。
このセミナーが新たな発見になることを、心から望んでいます。

池田佳則
ーーーーーーーーーーーー
○講義内容
・楽器整体の理論
・木材のピッチ調整体験
・ギターorベース整体デモ施術(ステージ中音及びPA爆音チェック含む)
・実技体験
・交流会
講習費
¥10,800(税込み)
※VISA、MASTER、AMEXでのカード払いも可能です。
※練習用の楽器は、各自ご持参下さい。


お申込みはこちらからお願い致します。

 

※参加者の方にはNUDE CABLEの電源ケーブル”D-Tune PRO”をプレゼントさせて頂きます。
http://nudecable.shop-pro.jp/?pid=107479984

参加者の皆様にしっかりとお伝えさせて頂きたい為、当ワークショップは少数での開催を予定しております。
その為、早めに参加募集を終了する事もございますので、ご了承下さい。

nude新ロゴだけ

/div>

 

https://i2.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2017/01/12745625_889893811109987_3891296412915473051_n.jpg?fit=649%2C649https://i2.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2017/01/12745625_889893811109987_3891296412915473051_n.jpg?resize=150%2C150yoshinori-ikeda楽器整体・セットアップ 楽器が持つ個体差の影響を埋め、その楽器のサウンドを最大限に引き出す調整法。それが楽器整体です。既存の調整法に新たなエッセンスを加えることで、安価な楽器も高価な楽器も元気を取り戻す。10年間のロードテストを経て、このメソッドを皆さまに公開します。通常のセットアップだけでは引き出せない楽器の個性を最大限に強化することができれば、楽器のオーナーは思わず笑顔になるでしょう。   ・楽器整体とは? ・楽器整体の実績 ・専門家の皆さまに向けて ・講義内容 ○楽器整体とは? 楽器の調整には、幾つかのセオリーがあります。まずは正しく組み付けることが基本です。楽器の性能が健全に機能するように、各部品を取り付けます。次に、ネックの曲がりの修正、オクターブ調整、回路の点検、各部品の締め付けの程度などを整えます。こうして、楽器は健全な状態になり、正しく作動することができます。 しかし、楽器は個体によりサウンドの特性も様々です。それは、個体が持つ木材の状態、使用状況や頻度、弾き方、保管の仕方などによっても変わってきます。私どもが行う「楽器整体」では、個体の状態に合わせて施術します。その個体の状態や、オーナーに合わせて楽器は変化します。こうした個別のケースに対して楽器のポテンシャルを最大限に引き出すのが、この楽器整体です。言うなれば、楽器が持つ個体の弱点を見つけて、サウンドの劣化の原因に直接アプローチする原因療法と言っても過言ではありません。   ○楽器整体の実績 過去10年に渡り、私どもは通算2,000本を超える楽器の調整をさせていただきました。安価のギターから超がつくほど高級な楽器、ギターのみならず、三味線、バイオリン、ドラムなど、ジャンルを超えた楽器の「鳴り」を強化することに成功してきました。 一体、楽器整体とは何を行う技術なのか。この点がよく判らないという方も多いのではないでしょうか。 具体的には、材に一定の振動を与えるとこで、その鳴り方を変えるというものです。例えば、ミッドレンジの飽和から来る音抜けの悪化、ローの廻りによる音被り、不明瞭な楽器の鳴りによるチューニングの詰めの甘さなどを解決させる為の技術です。 古くは、バイオリンの調整法としての原型があり、私たちがこの原型をギターやベースに応用したのがきっかけです。その後、さらにトライ&エラーを繰り返し積み重ね、この楽器整体のメソッドに辿り着きました。 以後、著名なミュージシャンの方々のご協力を経て、レコーディングやライブの現場にて実験を積み重ねてきました。現在では、とても有効な効果をもたらすと、認めてもらえるまでに育ちました。   ○専門家の皆さまに向けて そして、この度、この楽器整体の技術を多くの専門家に向けてお伝えしたく、小規模ながらセミナーを開催するに至りました。セミナーはワークショップ形式で行います。まず実際に楽器整体の効果を体験して頂きます。その上で理論を解説、そして皆様に実践して頂き、後日みなさま自身で実践しながら覚えて頂くという流れを予定しております。 プロのローディー、サウンドテクニシャンなど、ステージ楽器廻りの方、ギター、ベースのビルダーやリペアマンの方、楽器小売店でセットアップ業務をされている方など、日常的に楽器の調整をされている方々には、きっとお役に立てる技術だと思います。 当日、主賓を務める私からのメッセージがございますので、ご覧ください。 https://www.facebook.com/guitar.hospital/videos/1375797805786345/?__mref=message この楽器整体の技法は、見様見まねで行うと、失敗してしまうとの声をいただいています。楽器整体には、ある程度の系統的な手順、見るべき点などのコツがあります。今回のワークショップ形式のセミナーでは、実機を用いて体験してもらい、その技術を掴んでもらうのが目的です。また、当日は、質疑応答も行いますので、ご納得するまで質問をぶつけてください。 もし、あなたが「既存の調整法に限界を感じる」や、「もっと楽器の持つ弱点を根本から変えたい」とお感じなら、私どもが微力ながらお役に立てるかもしれません。 このセミナーが新たな発見になることを、心から望んでいます。 池田佳則 ーーーーーーーーーーーー ○講義内容 ・楽器整体の理論 ・木材のピッチ調整体験 ・ギターorベース整体デモ施術(ステージ中音及びPA爆音チェック含む) ・実技体験 ・交流会 講習費 ¥10,800(税込み) ※VISA、MASTER、AMEXでのカード払いも可能です。 ※練習用の楽器は、各自ご持参下さい。 お申込みはこちらからお願い致します。   ※参加者の方にはNUDE CABLEの電源ケーブル”D-Tune PRO'をプレゼントさせて頂きます。 http://nudecable.shop-pro.jp/?pid=107479984 参加者の皆様にしっかりとお伝えさせて頂きたい為、当ワークショップは少数での開催を予定しております。 その為、早めに参加募集を終了する事もございますので、ご了承下さい。   私が開発したヌードケーブルに、鮎川誠様はじめ多くのアーティストの方々からメッセージを頂きました。 /div>  NUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!