おススメDVD【シカゴ・ブルースの伝説 】

Pocket

もし、あなたがブルースに興味を持ったのなら、
もし、あなたがブルースを知りたいのなら、
このDVDは何かヒントになるでしょう。


シカゴのブルースレーベル、「チェス・レコード」の歴史をアーティストのインタビューや演奏シーンなどで見せてくれます。
丸々1曲の演奏シーンはありません。
でもこの映像から放たれるパッション、エナジー、ソウルは特筆すべきものがあります。
まだ私が20代、ブルースの「”ブ”の字」を「齧り始めた」頃、この映像のVHSをレコードショップで購入しました。
今まで本でしか知らなかったアーティストの生々しい話と演奏シーンが、私の心にグサグサと土足で入ってきました。
この映像の中で、いろいろなアーティストが異口同音で語る言葉があります。
「人はみんな自分だけのブルースを持っているのさ。色も形も匂いもみんな違うブルースを持っているんだ。でも、ブルースを見た奴は誰もいない。それがブルースさ」

この言葉は今でも自分の心の支えになっております。
ちょっとブルースに興味を持った方だけでなく、既にブルースに「アレ」を売ってしまった方も、是非一度ご覧になって頂きたい映像です。
以下、参考までに曲目リストです(Amazonより抜粋)
  • ファイヴ・ロング・イヤーズ(バディ・ガイ)
  • ピアノ・ブルーズ(ジョニー・ジョンスン)
  • カム・オン・ディス・ハウス(サニー・ボーイ・ウィリアムスン)
  • リトル・レッド・ルースター(ウィリー・ディクスン)
  • ハウ・メニー・モア・イヤーズ(ハウリン・ウルフ)
  • ギター・ブルーズ・インストゥルメンタル(ヒューバート・サムリン)
  • エイント・ザット・ア・クライング・シェイム(ジュニア・ウェルズ)
  • ブルーズ・インストゥルメンタル(ロバート・ナイトホーク)
  • シーズ・ナインティーン・イヤーズ・オールド(マディ・ウォーターズ)
  •  ゴーイング・ダウン・トゥ・イーライ(ロバート・ナイトホーク)~1950年代前半シカゴのサウスサイド地区の映像
  • シング・アイ・ユースト・トゥ・ドゥ(バディ・ガイ)
  • フーチー・クーチー・マン(マディ・ウォーターズ&バディ・ガイ)
  • ユー・キャント・ルーズ・ホワット・ユー・ネヴァー・ハッド(マディ・ウォーターズ&ジェイムズ・コットン)
  • エイント・ザット・ア・クライング・シェイム(ジュニア・ウェルズ)
  • ライツ・アウト~ジューク(リトル・ウォルター)
  • エイント・ノーバディズ・ビジネス(オーティス・スパン)
  • リトル・レッド・ルーズター(ウィリー・ディクスン)
  • ワン・ダン・ドゥードル(ココ・テイラー&ウィリー・ディクスン)
  • カム・オン・イン・ディス・ハウス(サニー・ボーイ・ウィリアムスン)
  • ウォーキン・ザ・ブギ~ブーム・ブーム(ジョン・リー・フッカー)
  • ピアノ・ブルーズ(ジョニー・ジョンスン)
  • プロミスト・ランド(チャック・ベリー)
  • ブルーズ・インストゥルメンタル(ヒューバート・サムリン)
  • スプーンフル(ハウリン・ウルフ)
  • ハウ・メニー・モア・イヤーズ(ハウリン・ウルフ)
  • ローリング・ストーン(マディ・ウォーターズ)
  • アイ・ジャスト・ウォナ・メイク・ラヴ・トゥ・ユー(ローリング・ストーンズ)
  • モジョ・ワーキン(マディ・ウォーターズ)
  • マニッシュ・ボーイ(マディー・ウォーター&ローリング・ストーンズ)
  • ファイヴ・ロング・イヤーズ(バディ・ガイ)
  • スウィート・ホーム・シカゴ(ジュニア・パーカー)

どの演奏もエモーショナルでパッションに溢れております。
音楽が持っている力の「ひとつの形」が、ここには記録されております。
機会がございましたら是非一度ご覧になって頂きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。