【ギターの低音が足りない?】じゃあ、まずはピッキングを見直しましょう!

Pocket

せっかくアンプのセッティングもちゃんと出来てるのに、何故か低音が足りない。

実はピッキングの角度が悪い場合が想像以上に多いので、今日は写真で解説です〜

まずはこちらをご覧下さい。

これだとカリカリですよ。

若い子にとっても多いのがこのパターン。
ピックのエッジを弦に当てて、6弦ネック側から1弦ブリッジ側に斜めに擦るようにピッキングするパターン。

これだと右手のウェイトがしっかり乗らず、弦振動も波打ってしまいます。
ヌケない、低音が出ない場合の顕著な例です。

と、いうわけでこちらをご覧下さい。

サウンドが全然違います〜

ピックと弦の設置面積が大きくなるイメージを持って下さい。
で、弦に対して「ドスン」と当ててみて下さい。
で、ドスンと当てた時に振り抜くのではなく、当たった瞬間にピックを軽く上に戻す感じです。

ギターのおとのはじまり、ピッキングの段階で「出てない音」は、どんな機材を挟んでも出てきません。

弦をしっかり振動させることを意識して、心を込めて音を紡いで下さいね。

ではみなさん、頑張って下さい!

※こちらの記事もご参照ください。

開発者が語る、NUDE CABLEの本音の話。

———————————————————

サウンドメイキング等に関するご依頼は、こちらのリンク先フォームよりお問合せ下さいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。