Pocket

現在の日本の住環境(特に都市部)で、20w以上のチューブアンプを自宅で鳴らすのはかなりヤバいですよねぇ。。。

せっかく買ったのにほとんど使用しないのも悲しいっすよね。

って事で、今日はスピーカーシミュレーターな「LOAD BOX」をオススメ致します〜

サイ・トツゲキ・オーケストラのRECでもマイクと混ぜて使いました〜

LOAD BOXをアンプヘッドのスピーカーアウトからスピーカーの代わりに接続します。
(必ずスピーカーケーブルで接続しなきゃダメですよ!)
そうするとLOAD BOXからスピーカーのシミュレート音をラインアウト出来ます。

代表的な機種として以下、ちょっとご紹介いたします。

PALMER PDI-03

KOCH LOADBOX-120

この2機種は歴史も長く、様々なREC現場でもたくさん使われております〜
音もなかなかGoodです♪

で、私もまだ試してないんですが、これ、気になる!

PALMER PGA04 

ロードボックス、結構楽しいですよ。
今ではパソコンのシミュレーターやPODみたいな機材が一杯出てますが、本物のチューブアンプの弾き心地ってやっぱり別物なんですよね〜

で、これらロードボックスの使用で気を付けて欲しい点があります。

  • 購入する際に、Ωを必ずアンプの仕様と合わせる。
  • それと接続する際に必ずスピーカーケーブルを使用する。
  • 使用していると熱を帯びるので、熱さに弱い物はロードボックスの上に置かない。
  • 出来ればラインアウトの信号をミキサー等に入れてモニタリングする。
機会がございましたら是非ともロードボックスを使って
「自宅でチューブアンプサウンド」
を体験して下さいね〜。
但し、楽し過ぎて寝不足になっても責任は負いません(笑)
https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/IMG_2718.jpg?fit=1024%2C768https://i0.wp.com/ikeda-lovemusic.net/wp-content/uploads/2016/08/IMG_2718.jpg?resize=150%2C150yoshinori-ikeda楽器・機材ギター,ギタープレーヤーベース,ベーシストセルフレコーディング現在の日本の住環境(特に都市部)で、20w以上のチューブアンプを自宅で鳴らすのはかなりヤバいですよねぇ。。。せっかく買ったのにほとんど使用しないのも悲しいっすよね。って事で、今日はスピーカーシミュレーターな「LOAD BOX」をオススメ致します〜サイ・トツゲキ・オーケストラのRECでもマイクと混ぜて使いました〜LOAD BOXをアンプヘッドのスピーカーアウトからスピーカーの代わりに接続します。(必ずスピーカーケーブルで接続しなきゃダメですよ!)そうするとLOAD BOXからスピーカーのシミュレート音をラインアウト出来ます。代表的な機種として以下、ちょっとご紹介いたします。PALMER PDI-03KOCH LOADBOX-120この2機種は歴史も長く、様々なREC現場でもたくさん使われております〜音もなかなかGoodです♪で、私もまだ試してないんですが、これ、気になる!PALMER PGA04 ロードボックス、結構楽しいですよ。今ではパソコンのシミュレーターやPODみたいな機材が一杯出てますが、本物のチューブアンプの弾き心地ってやっぱり別物なんですよね〜で、これらロードボックスの使用で気を付けて欲しい点があります。購入する際に、Ωを必ずアンプの仕様と合わせる。それと接続する際に必ずスピーカーケーブルを使用する。使用していると熱を帯びるので、熱さに弱い物はロードボックスの上に置かない。出来ればラインアウトの信号をミキサー等に入れてモニタリングする。機会がございましたら是非ともロードボックスを使って「自宅でチューブアンプサウンド」を体験して下さいね〜。但し、楽し過ぎて寝不足になっても責任は負いません(笑)NUDE CABLEの中の人が、ギター,ベースの音作りやバンドの練習方法,レコーディングなどについて綴っております♪ヌードケーブルの秘密も書いてあるかも!