【追悼】ジョニー・ウィンターに教えてもらったブルースという形のリスペクト

Pocket

本日、偉大なるブルースマン、ジョニー・ウィンター様がお亡くなりになられました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

私が本格的にブルースに取り組む(取り憑かれた)きっかけになったのが、このアルバムです。

Notin’ But The Blues
バックを努めたのは何とマディのバンドメンバー。
私はこのアルバムで「グルーヴ」に興味を持ち、学び、実践して来ました。
そして興味を持って購入したのがこのアルバムです。
Blue Skies the Best of Muddy Waters
プロデュースはジョニー・ウィンター。
音のひとつひとつから愛が溢れているように感じました。
「音楽って素晴らしいなぁ」って、本当に感激しました。
「俺もレコーディングに携わるなら、こんな現場にしたいなぁ」って思いました。
もしかすると、今日ご紹介したアルバムに出会わなければ、こうやって皆様にブログなど書いていなかったでしょう。
天国に言ったらきっとマディ御大に
「お疲れさん。まあゆっくり演ろうや」って言ってもらえそうです。
いままで有難うございました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイル

mineo

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。